読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無謀かもしれない、だけど頑張る。

世帯年収500万。車2台。自己資金ほぼなし。夫転職ホヤホヤ。マイホーム(建売)買ってみた。

数あるブログの中からお越しいただきありがとうございます。

共働き前提で住宅を購入した夫婦が何やかんや頑張って借金返そうぜ☆ってブログです。

色々と書く気ではありますが、てっとり早く住宅購入にかかった金額を知りたい方は

カテゴリーの「家を購入するまでの話」をご覧ください。





奨学金について思ったことを取り留めもなく書く その1

何か、ふと奨学金について考えたんですけど。

 

brassica-lupinus.hatenablog.com

 

この記事にも書きましたが、我が家的教育費のスタンスとしては

親が学費を全額出すつもりではいます。

で、想定しているのは「高校まで公立、大学は私立文系」です。

甘い想定ですけど。

 

私自身奨学金を1年だけ借りましたが、お金が振り込まれたときはそりゃぁもう助かりましたよ。

ありがたく使いました。

 

でもね、それを返すときは「ちょっと大変だな」とも思ってました。

私は1年だけ借りたので、月々の返済額も8,000円とかそのくらいだったんですけど

社会人になってすぐ車を買って(その時は何も考えてなかったしお金もなかったから5年ローンで)、

車のローン支払い額が15,000円くらいで、

合わせてお給料の1割ちょっとの額を返済にあててたわけ。

(当時のお給料、確か手取りで20万くらいでした。)

 

で、せっかく新卒で入社した会社(上場企業でした)、5か月で辞めたっていうね。

もう人間関係がぐっちゃぐちゃで。私に根性がなさすぎたのもあったんだけど。

 

働く気はあったから、すぐに転職活動して

雇う側からしたら不安しかない人材(私)でしたが辞めて1か月半後には新しい職場にいました。

それが今の職場。

 

上場企業から地元の零細企業に転職したってことは、お給料下がるのがデフォ。

で、お給料から支払う返済額の割合は2割弱になった。

だからって生活困るわけじゃないけど(実家暮らしだし)

その他にも保険だとか携帯代とか家に入れるお金とか差っ引いて

本当に本当に自由になるお金は5万円もなかったと思う。

若い頃は相当な浪費家だったし、友達とどこか行ったり洋服や化粧品買ったりしたら

その5万円もすぐになくなっちゃってました。

貯金?何それおいしいの状態。

どこかで「ローンがなかったらなぁ…」と思ってました。払うけど。

今思えばその5万から1万でもいいから貯金しとけよ!って話だけどさ。

 

ってわけで、たった1年だけの奨学金でも結構な負担感でした。

私個人的にはそういういきさつがあるので、娘の学費は全額出せるように頑張りたいんですよね。

っていうか、娘が社会人になる頃、お給料の手取りってナンボのもんなんでしょうね。

総支給が同じくらいだったとしても、引かれるものが多すぎて

手取りは親世代のそれより少なかったってパターンもあり得そうな気がするんですけど。

 

何か自分のこと語ってたら思いのほか長くなっちゃった。

次回へ続く。

 

 

にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建売住宅へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ
にほんブログ村