読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無謀かもしれない、だけど頑張る。

世帯年収500万。車2台。自己資金ほぼなし。夫転職ホヤホヤ。マイホーム(建売)買ってみた。

数あるブログの中からお越しいただきありがとうございます。

共働き前提で住宅を購入した夫婦が何やかんや頑張って借金返そうぜ☆ってブログです。

色々と書く気ではありますが、てっとり早く住宅購入にかかった金額を知りたい方は

カテゴリーの「家を購入するまでの話」をご覧ください。





実録!オール電化住宅の電気代

家計のこと  → 光熱費・水道代

早いもので新居に住み始めてもうすぐ2か月になろうとしています。

アパート暮しから戸建て暮らしに変わり、

ローン以外のことで一番気になっていたこと、それは光熱費。

 

いや、先月も請求はされたんですけど、住み始めてから半月弱の期間での請求で

あまりピンと来なくて記事にはしませんでした。

ようやく丸々一か月分での請求が来たので、アパート暮らしと比較してみる。

 

アパート暮らしの時は、電気(30A)とガス(プロパン)でした。

現在はオール電化住宅に住んでいるので、電気(6kVA)のみです。

 

昨年の4月分の電気代は約5,000円、ガス代は約7,200円でした。

合わせて約12,200円な。

プロパンって、マジ高いよね。

 

で、今年の4月分の電気代、5,560円(299kwh)。

 

…は?

 

見間違いかと思って目からビーム出るくらいの勢いで見直したんですけど

やっぱり何度見ても5,560円。

日数が少ないのか?とも思ったけど、ちゃんと30日分。

何なのこれ。マジなの?

アパート時代と比べると半分以下になっちゃってるんですけど(嬉しい)。

 

で、何でこんなに変わっちゃったのか考えてみた。

 

・エアコンほとんど使ってない

アパートの時は、たとえ3月でもエアコン必須な感じでほぼ毎日つけてました。

特に寒がりな夫がつけたがりました。

アパートは鉄筋コンクリ造りだったので、底冷えもひどかったんですよね。

でも、引っ越してきてからほとんどエアコン使ってません。

夫ですら「つけなくても平気」というくらい。

室温自体はアパートとさほど変わらないのですけど、不思議と寒くない。

 

・プロパンガス高すぎ問題から解放される

アパート暮らしの時もガスの使用には気を付けてはいたんですけど

どんなに気を付けていても高いのがプロパンガスってもんです。

昨年4月のガス使用量10㎥だったんですけど、

子供がいる3、4人暮らしの一般家庭の場合、年間平均使用量は20㎥ほどらしいので、

まぁまぁ健闘してる方だと思うんですけど、それでも7,000円超えるわけ。

※2人暮らしの年間平均使用量は8㎥だそうなので、普通かもしれないという気もしてきた。

 でも、ほら、使いすぎではないよね?そうだよね?

 

とまぁ、パッと考えられるのはこの2点。

だけど油断ならない。

だってこれからエアコンの季節がやってくるよね。

 

先ほども書きましたが、夫は寒がりです。

そして暑いのはもっとダメな人です。

おそらくですが、そろそろ「扇風機を出したい」と言い出す時期です。

しかも、今住んでいる物件は全室にエアコンが付いているので

かな~り気軽にエアコンをつけまくることでしょう。

※アパートの寝室は建物の構造上エアコンが設置できませんでした。地獄。

というわけで、電気代に関してまだまだ大喜びは出来ないっていうね。

 

そんでもって、水道代がべらぼうに上がることが見込まれるので

水道光熱費自体はやっぱりアパート時代よりも高くなるかも、の懸念はそのまま。

次回の水道検針は5月なので、結局来月までドキドキは続く…。

 

 

にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建売住宅へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ
にほんブログ村