読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無謀かもしれない、だけど頑張る。

世帯年収500万。車2台。自己資金ほぼなし。夫転職ホヤホヤ。マイホーム(建売)買ってみた。

数あるブログの中からお越しいただきありがとうございます。

共働き前提で住宅を購入した夫婦が何やかんや頑張って借金返そうぜ☆ってブログです。

色々と書く気ではありますが、てっとり早く住宅購入にかかった金額を知りたい方は

カテゴリーの「家を購入するまでの話」をご覧ください。





教育費っていくらかかるのよ? その1

住宅購入の話を一旦お休みして、今日は教育費の話。

 

この世に産み落とした以上、責任を持って育てる。

そんでもって、育てるにはお金がかかる。それが教育費だ!

で、結局いくらかかるのよ?って話。

 

家を買おうと思って狂ったようにシミュレーションしてた時

当然ながら支出欄に教育費の項目もあるわけです。

でも、いつ、どれくらいお金がかかるかなんてわからないからこの項目をどう埋めようかなと思案してたんですよ。

 

我が家が想定したプランだと

保育園→公立小学校→公立中学校→公立高校→私立文系大学(4年)

なんですが、何故これかっていうと単純に両親と同じ進路をたどった場合ってだけ。

高校は私立になるかもしれないから、想定としては結構甘い気がするけど。

 

じゃぁ、どこまで親が出すか?についてですが可能な限り大学卒業するまでと考えています。

実は私、大学4年の時に1年間だけ奨学金借りたんですよ。

1年間だけだから返済額としてはかなり安い方だとは思うんですけど、それでもやっぱり新卒ホヤホヤの給料から返済するとなると負担に感じてました。

奨学金自体は結婚を機に全額繰り上げ返済しました。

娘にはできるだけ私と同じ思いをしてほしくないっていうのもあって、この考えです。

 

で、結局これから教育費っていくらかかるのよ?ってことで、調べてみた。

シミュレーションした時に参考にした資料で新しいものが出てたので、それを書く。

とりあえず、高校卒業まで。

あ、現在通っている保育園代については実際に今支払っている額です。

また、学童費については住んでいる地域の現在の費用を参考にしました。

・保育園 年間約28万円、残り3年 = 約84万円

・公立小学校 年間約33万円、6年間(うち3年は学童保育利用、3年で約22万円)

                               = 約220万円

・公立中学校 年間約49万円、3年間 = 約147万円

・公立高校 年間約41万円、3年間 = 約123万円

      ※文部科学省 平成26年度「子供の学習費調査」の結果について より

 

ひとまず高校まで公立に通ってくれるなら毎月の家計から出せそうな額ではあるな、というのが正直な感想。いや、きついけどさ。

ちなみに、私立高校だと年間約100万だってよ。マジかよ。

あぁぁ頼む。娘よ、せめて高校まで公立でお願いします(12年後の君へ)。

 

長くなりそうなんで、ここでいったん切ります。

 

 

にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建売住宅へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ
にほんブログ村