無謀かもしれない、だけど頑張る。

世帯年収500万。車2台。自己資金ほぼなし。夫転職ホヤホヤ。マイホーム(建売)買ってみた。

数あるブログの中からお越しいただきありがとうございます。

共働き前提で住宅を購入した夫婦が何やかんや頑張って借金返そうぜ☆ってブログです。

色々と書く気ではありますが、てっとり早く住宅購入にかかった金額を知りたい方は

カテゴリーの「家を購入するまでの話」をご覧ください。





保険の見直しをやってみた その1

前々から「もうちょっと安くならないかな~」と思いつつも

何だかんだ面倒でやってなかった保険の見直しをすることにした。

てっとり早く、保険の無料相談に申し込んで来てもらうことにした。

 

現在加入している保険は、結婚を機に夫が加入している保険会社に合わせる形で加入したもの。

夫の分が14000円、私の分が8000円。

死亡時の保障は夫が3000万、私が800万。

入院時の保障は、夫婦とも入院一日1万。それ以上もかかった分保障しますって内容。

ざっくり言うとこんな感じ。

 

訪問1度目は、備え方についての考え方を聞いたり、ヒアリングをしたりする回。

備え方について、担当のFPさんが言うには

・医療の備えは一生続くものだから、無理のない支払額で保障期間は終身にこだわる。

がん保険については不要と考える人も多いが、現在の治療の傾向を考えると医療保険だけでは賄いきれないことも多いため、最低限でも加入しておいた方がいい。

・死亡の備えはその都度変化するもの(今と20年後では必要な保障額が違う)だから、必要な分だけ備えられるようにする。

この3点を基本に考えましょう、ってことでした。

 

これを聞いて、私が大まかに考えていた内容と大きく外れてなくて安心したんだけど、

がん保険については全く考えてなかったもんだからちょっとびっくりした。

高額療養費もあるし、そこまでかける必要があるか?と思って。

でも、FPさんが「高額療養費などの制度が、いつどうなるか分からない」って言うのも一理あるとも思ったし、ここは自分でももう一度考える必要がありそう。

 

で、ここで知った驚愕の事実。

現在加入の保険の主契約、月に数百円の積み立てのみ。

ドォォォ―――――――――――ンってなったよね。

入院したら~とか、死亡した時は~とか、それ全部特約っていうね。

いや、加入するときにちゃんと説明も受けたし、納得したはずなんだけど、忘れちゃうのは何でだろうね?

 

ひとまず、今よりもうちょっと安くならないかと思っていることと

今の保険だと更新で保険料が高くなることを不安に思っていることを伝えてプランニングしてもらうことにした。

 

その2へ続く 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村